もっと金利は下がる?

日銀によって行われている経済緩和政策。

銀行が民間企業や個人へ融資をしやすくするよう、銀行が保有していた日本国債を日銀が購入することで、銀行は資金を得られ、それによって融資が増えると、経済の好循環が始まるだろう、というのがここ数年採られている経済緩和の中身です。

さらに、2016年からは銀行が日銀にお金を預けっぱなしにしていると、それに”ペナルティ”を課すべく、銀行から日銀が金利を徴収するという、いわゆる「マイナス金利」も導入され、銀行は否が応でも日銀から資金を引き出して、融資などで生計を立てていかざるを得なくなりました。

ただし、悲しいかな民間企業はアベノミクスによる好景気や、円安によって得られた”為替差益”などによって資金をたんまり貯めこんでいて、銀行から融資を受ける必要があまり多くありません。

その結果、銀行だけが”ひっかぶって”しまっているような状況です。

さらに政府からは、金融緩和が足りないという発言も出ており、銀行への融資圧力はますます高まっています。

銀行からお金を借りる立場の私達としては、金利が下がる圧力が増すということなので、銀行が潰れない限りは有り難いことです。

ただ、だぶついたお金が不動産市場に流れ込んでいて、バブルを警戒する向きもあります。